【オナニーがやめられない男性へ】どうして自慰行為をやめたいの?

オナニーとは?

「オナニー」とは、自分の性器を自分で刺激し快感を得る行為のことです。

男性の場合ですと、一般的には自分のペニスをこすり射精をすることを指します。

「シコる」「ヌク」などと表現されることもあります。

「相手に見せる」などの特殊なプレイを除けば、基本は自分だけで行う行為ですのでパートナーは必要ありません。

妄想をしてみたり、動画などを見ながらするため、自分の好きなシチュエーションを選ぶことができ、中には夢中になって、パートナーを必要としないと考えてしまう人もいます。

またパートナーの有無に限らず、オナニーの方が楽だし、自分の好きなペースで行えるので、気持ちが良いと考える人は少なくありません。

オナニーは自己完結的ですので、当然生殖行為とは一切無縁であり、中世では宗教的な理由で良くないことされた時期もありました。

しかし現代では、男性は思春期以降ほとんどの人が経験する、ごく普通の行為とされています。

この記事では【オナニーが止められない男性】の悩みを解消するための工夫を紹介します。

出会い系アプリの「職業検索」「好みのタイプや趣味」で出会う方法が効果的です!

最新の出会い系アプリランキングを用意しましたので参考にしていただければと思います。

無料会員でも在籍している全会員の顔写真を見ることができます!

 

男性がオナニーがやめられない理由は?

男性の場合は、当たり前のように誰もがオナニーをしますが、なぜそのようになってしまうのか理由をまとめます。

「単純に気持ちいいから」

オナニーは「疑似性行為」なので、単純に体に快感を与えることができますよね。

セックスのような肌が触れ合う快感や、愛情を感じて心が満たされるという部分はないものの、射精をするだけでも一定の満足感は得られます。

自分で一番気持ちの良い部分を刺激することが出来るために、快感のコントロールも可能であることがオナニーの特徴です。

手軽に満足を得られることから、男性は成人しても頻繁にオナニーをしてしまう人が多いです。

「暇つぶし感覚で」

他にすることがないと、ついついエッチな動画などを探してしまったりしませんか?

男性は暇つぶし感覚で、いつの間にかエロの方向に動いてしまいます。

そうしたものを見ているうちに、どんどんしたくなるので結果的に暇さえあればオナニーをすることになります。(笑)

エロ関係は「興味がない人」でも楽しむことができるため、オナニーは格好の暇つぶしになります。

男性のオナニー依存症とは? 

男性にとってオナニーは、一般的な行動となっています。

しかし、度を超えて日常に支障をきたすようになっているのであれば、「オナニー依存症」の可能性があります。

オナニーをしないと、強いストレスを感じたり、オナニーをしなければ眠れなくなってしまう場合です。

オナニーが日常の最優先となっている場合などですね。

また、オナニーをした自分自身を責めて、「またしてしまった」と罪悪感を持ちつつも止められないという人も、オナニー依存症の可能性があります。

繰り返しになりますが、オナニーは誰でもすることでまったく悪いことではありません。

でもやり過ぎは「射精障害」を引き起こしたり、体に必要なものまで体外に放出されて、健康のバランスが崩れることにも繋がります。

精神的にも、自分の性欲をコントロールできないことになるので、性犯罪を起こしたり、より強い刺激を求めて露出行為におよんだりして、社会的信用を失わせることにもなりかねません。

自分の判断の範囲で、楽しんでいる分には問題ありませんが、オナニーに支配されないように注意しないといけません。

最新の出会い系アプリランキング

男性はオナニーはやめなくてもいい?

男性のオナニーは、見方によっては精子を無駄に放出しているだけですので、生物として無意味な行動に思えます。

自己完結的で、パートナーに何かを与えるわけでもないので、無意味ならやめてしまっても良さそうなものです。

ただそれでも「オナニーをやめる必要がない理由」があります。

「体の欲求にこたえるほうが自然」

性欲は健康な体を持っていれば、自然と湧き出てくるものですので、それを無理に我慢する必要はまったくありません。

我慢をしてしまっても、結局ストレスになり、逆に体に不調をきたすことにもなりますので、欲求には従った方がいいでしょう。

仮にオナニーをやめても、新しい精子はどんどん作られていきます。

オナニーをしたいと思った時は、溜まっているというサインでもありますので、適度に放出した方が健全です。

「前立腺がんの予防になる」

2004年に射精を頻繁にしている男性は、写生回数が少ない男性に比べて、「前立腺癌になる確率は下がる」という論文が発表されました。

つまり医学的に、「射精は良いもの」とされたのです。

射精の方法は問われていませんが、頻繁にセックスで射精をすることは、現実的に誰にでもできることではありません。

そこで注目されるのが1人できるオナニーで、定期的なオナニーは前立腺がんの予防のためにも好ましいことなのです。

「強く握り過ぎには注意!」

オナニーをしていると、気持ち良さを求めるあまり、「強くペニスを握ってしまうこと」があります。

自分にとって、一番気持ち良い方法を選びたくなる気持ちはわかりますが、女性の膣よりも強い刺激を毎日のように与えていると、実際のセックスで射精できない「膣内射精障害」になりやすいです。

膣内射精障害」は、自分もツラいのですが、相手も傷つく可能性があるので、強すぎるオナニーは要注意です。

男性がオナニーをどうしてもやめたいなら?

オナニーは一般的なことであり、体にも良いのでやめる必要はありません。

とはいえ回数が多かったり、虚しさを感じるのでやめたいというのであれば、次の方法を試してみてください。

「運動で解消する」

オナニーをやめるには、他に夢中になれることを見つけるという方法があります。

中でも、「運動でストレスも発散すること」はおすすめの方法の一つです。

本格的なスポーツをしなくても、散歩やジョギング、ストレッチのように、軽く始めることが出来るものも有効です。

しかし実際のところ、これらの方法は効果はありますが、限定的なものであり、完全にオナニーをやめることは難しいです。

オナニーで得られる刺激と運動で得られる刺激は別物ですので、あくまでオナニーの頻度を減らすための方法の一つととらえてください。

「セックスできる女性を見つける」

射精はやめる必要はないけれど、「オナニーをやめたい」というのであれば、最良の方法は「女性とのセックス」です。

そもそも生殖行為として、射精をするのが生き物の本能ですので、女性とのセックスが最も自然なこととも言えるでしょう。

オナニーは自分だけで快楽を楽しむものですが、セックスなら快楽を相手の女性と共有することができるので満足感が違います。

自分から相手女性に、満足を与えてあげることもできるので、信頼関係にもつながります。

出会い系アプリであれば、セックスでセックスで満足を得たいと思っている女性が多く集まるので、あなたが満足いく相手が見つかります。

普段出会いが少ない人も、なかなか相手に恵まれない人も、出会い系アプリなら多くの候補の中から自分の好みの相手が見つかります。

最新の出会い系アプリランキングを用意しましたので参考にしていただければと思います。

オナニーをやめられない男性 まとめ

オナニーは人間にとっての自然な行為ですし、医学的にも射精をした方が「前立腺がんの確率を下げる」という論文も出ています。

どうしてもオナニーをやめたいとしても、やめたところで精子はどんどん作られるので、別の射精方法は考えなければなりません。

そうなると「女性とセックスをすること」が、最も自然なオナニーをやめる方法となります。

出会い系アプリの「職業検索」「好みのタイプや趣味」で出会う方法が効果的です!

最新の出会い系アプリランキングを用意しましたので参考にしていただければと思います。

無料会員でも在籍している全会員の顔写真を見ることができます!